ホイールキャップは雪道には不要

2015.5.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

雪道をクルマで走ったことがない人にとって、スキーなどで雪道を走らなければならなくなったとき、運転には細心の注意が必要です。路面状況によって非常に滑りやすくなったり、吹雪けば、前が見えにくくなったりします。基本はスピードを出さないということです。他の自動車の流れに乗って走る必要はありますが、自信がなければ、先に行かせるのも手です。


駆動方式としては、4WDが滑りにくくて良いです。ただ、FFでも坂道発進以外は、それほど問題はないでしょう。FRはお尻が振れてしまって走りにくいです。ただ、ブレーキをかけるときは、4WDでも滑ってしまうので、4WDだからといって過信しないことが大切です。

また、タイヤはスタッドレスタイヤに履き替えなければなりません。ノーマルタイヤしか持っていない場合は、チェーンを巻く必要があります。チェーンを巻くにはコツがありますので、練習しておくことをおすすめします。ホイールキャップがあると、チェーンが巻きにくくなることもあるので、予め外しておくと良いでしょう。ただ、チェーンよりはスタッドレスタイヤの方が走りやすいので、中古でホイールとセットになったスタッドレスタイヤを用意するほうが良いと思います。チェーンはあくまでも万一のときのために用意しているくらいの位置づけが良いでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。