タイヤチェーンをかけるタイヤも必ず確認を

2015.5.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

冬の雪道で、自動車を運転をする際に欠かせないものの一つにタイヤチェーンを挙げることができます。以前は、金属製が主流で装着するにも外すにも時間と労力が必要なタイプも多かったのですが、最近では、3ステップ、4ステップで装着できるタイプも販売されており、車にあまり詳しくない人や、女性の方でも比較的簡単に脱着できる為、利用する人が多くなってきているといえます。このように脱着が簡便になったことで、普及はしてきていますが、装着する際には、十分に注意すべき点があります。それは、車の駆動方式によってタイヤチェーンをかけるタイヤが異なってくることです。車の駆動方式には、大きく分けて、前輪駆動・後輪駆動・四輪駆動の3つのタイプがあり、滑り止めの効果を最大限に発揮させる為には、駆動輪のタイヤにタイヤチェーンをかける必要があります。取扱説明書にも同様のことが記載されていますが、自分の車が、前輪駆動なのか、後輪駆動なのか、四輪駆動なのかを事前に確認しておかないと、正しく装着ができないことになってしまいます。


便利になったといって油断していると、いざという時に困ってしまうことになりますので、事前の確認は必須といえるでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。