タイヤチェーン装着時はスピードを守ること

2015.5.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

タイヤチェーンを装着して運転する場合は、走行中のスピードには十分に注意する必要があります。各タイヤチェーンの製品の説明書には最高速度が記載されており、この速度を超えた状態で走行を続けると、装着しているタイヤチェーンがずれたり、切れたりするおそれがあります。チェーンがずれた状態になると、チェーンが持つグリップ性能を十分に発揮できなくなってしまい、雪道や凍結路面の走行中に事故に遭遇する可能性が高まります。また、周囲を他の車両が走行しているときにチェーンが外れてしまうと、その外れたチェーンが他の車両の車体に当たって損傷したり、バイクに乗って走行している人に当たってケガをすることがあります。


各チェーンの説明書に記載されている装着時の最高速度は、金属製の製品については時速30km、非金属製の製品については時速50kmとなっています。自分自身の走行中の安全だけでなく、周囲を走行する車両に乗っている人の安全を守るためにも、チェーン装着中は最高速度を超えないようなスピードで走行しましょう。また、路面状況が悪い道を通過し終えてチェーンを付けて走行する必要がなくなった場合は、劣化を防ぐためにも脱着場などですみやかにチェーンを外すようにしましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。