タイヤチェーンワンポイントアドバイス

2015.5.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

タイヤチェーンは金属タイプと非金属タイプの2種類があり、それぞれメリットやデメリットがあり、用途や予算に合わせて選ぶのが良い方法です。
金属タイプのチェーンのメリットは、凍結した路面に強く、収納がコンパクトにでき、価格が安いなどがあり、デメリットは、走行時の振動や騒音が大きく、通常のアスファルト路面で走行すると、チェーンが破損してしまう恐れがあります。
非金属タイプのチェーンのは、振動や騒音が少なく、雪道や凍結路でも安心して走行ができ、多くの種類があるというメリットがあり、
デメリットは、価格が高価であり、収納性が悪いというところです。


車03
布製タイヤカバーは、特殊な耐久性を持つ専用素材で作られていて、着脱や収納の手軽さなどのメリットがあり、デメリットは、緊急時脱出用のタイヤカバーという位置づけで、チェーン規制に対応できない可能性があります。
取り付け方法は、ジャッキアップして取り付けるタイプやワンタッチで取り付けるタイプなど、チェーンの種類によって異なり、安全な場所で着脱します。
タイヤチェーンを装着して運転する場合、金属タイプのチェーンは30km/h、非金属タイプのチェーンは50km/hが指定されていて、急発進や急ブレーキ、急ハンドルは避け、車間距離を十分に確保して走行します。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。