タイヤチェーンは目的と予算で選ぶ

2015.3.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

いつもは舗装されていて快適に走れる道路であっても、急に雪が降って積もってしまったり、路面が凍結したりすると、とたんに運転がしにくくなり、思わぬ大事故のもとになってしまいます。
こうしたことを避けるたるには、タイヤチェーンを装着するなどの冬用装備をぬかりなくすることが大切になります。
しかし、自動車用品店の店頭を見ると、タイヤチェーンとしては実にさまざまな形状や材質のものが展示されていますので、どれを選ぶか迷ってしまうこともありそうです。


そのようなときには、タイヤチェーンが必要となる目的や予算にあわせて選ぶということに心がければ、より適切なものを手に入れることができます。
製品の材質としては、大きく分けると金属製と非金属製のものとに分けられますが、価格帯でいえば、金属製のものが安価で、非金属製のものが高価となります。
すべりにくさなどの性能からいえば、金属製であり、しかも亀甲型やリング型とよばれている、横滑りなどにも強いタイプの形状のものが望ましいですが、高速走行や雪道以外の走行にはまったく向かないという特徴があります。
非金属製は、性能では金属製のものより劣る場合が多いものの、振動や騒音がなく、比較的高速であっても走行可能という特徴があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。