亀甲型チェーン

2015.5.23|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車の運転では悪路を通るのは避けるのが基本ですが、時にはどうしても悪路を通らなければ目的地にたどり着くことができない場合もあります。そんな場合に役立つのがタイヤチェーンです。タイヤチェーンには金属でできたものや、ウレタンなどの非金属でできたものなどがありますが、金属製のものの中で近年主流となっているのが、亀甲型と呼ばれる種類の製品です。


車04
亀甲型は、装着時の見た目が亀の甲羅になっていることからこのように呼ばれています。金属製タイヤチェーンの代表的な種類には、この他にもはしご型と呼ばれる種類もありますが、はしご型と比較すると亀甲型のタイヤチェーンは前後方向のグリップ性能に加えて横方向のグリップ性能にも優れており、雪道と凍結路面の両方で優れた性能を発揮します。チェーンの太さもはしご型と比較すると細くなっているものが多く、走行中の振動や騒音についてもはしご型とくらべて小さいです。その一方で、はしご型と比較すると販売価格が高価になっている点や、チェーンが細めにつくられていることで走行中にチェーンが切れる可能性が高くなる点が欠点となっています。ただし、近年は材質に強い合金をつかった製品など、走行中に切れにくくなるような工夫が施された製品も多く登場しています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。